ニキビの原因となる体内に取り込んだ脂質がエネルギーとして利用されるように代謝し、なおかつ体内での過酸化脂質の発生を防ぐのがビタミンのはたらkなわけです。
要するにビタミンを摂取することで強い肌を作ることができるというわけなんです。

 

しかーし、脂質やタンパク質の摂取の多い人やストレスの多い人は基本的にビタミンBが不足している事が多いんですよね。
ビタミンB2を特に多く含む食品の中でも特に料理する非つよのない納豆や牛乳は手軽という意味でオススメです。

 

特に納豆の原材料でもある大豆にはイソフラボンという女性ホルモンに似た働きがあり、これが肌の美しさを維持してくれるのに意図役買ってくれるんです。

 

ちなみにこのイソフラボンはニキビケアコスメにも非常によく使われている成分で、かなりオススメです。
洗顔石鹸から美容器とニキビケアにおいて大活躍な成分なのです。
ちなみに和食は肌に良いコトで有名です。
ある統計データに寄ると洋食の普及とニキビに悩む人の数には相関関係があるようです。
昔ながらの和食を基本的な食事にするとニキビの原因が取り除かれてきれいない肌になっていくと何家のほんで読みました。

 

 

もちろん私は実践していませんw面倒くさいですし、ニキビケアコスメで十分綺麗になるからなんです。

 

 

ちなみに小ニキビの原因ともなるストレスですが、意外と古くから言われている通り、牛乳が効果的なようです。
カルシウムを取るとストレスがたまりにくくなるというのは本当の話のようです。

 

まあ本当かどうかは知りませんけれどもねw