緑黄色野菜に含まれるベータカロテンは体内でビタミンAに代わってフフや粘膜の健康を保つ働きをしてくれるということは有名ですね。

 

ビタミンAに変換しなかったベータカロテンは活性酵素を除去して遊離脂肪酸の一つで歩いLDLコレステロールが参加されて過酸化脂質となるのを防いでくれるというなんとも素敵な働きがあります。

 

ちなみに欠中wぴょくすることで知られるビタミンEにも同様の参加抑制作用が有り、βカロテンと合わせて摂取することで相乗効果が高まるとされているのはここだけの話です。

 

 

ビタミンEだけでなくビタミンCも一緒に摂取するとより効果はアップします。

 

まあ簡単にまとめるとビタミンACEはにきびの原因となる脂肪酸の参加を防いでくれる働きがあるということです。

 

ちなみにパソコンのモニターなどから発せられる電磁波の影響で肌がプラスのイオンを惹きつけて活性酵素を発生させてしまう現象もあるようです。

 

そのtまえ、積極的にビタミンACEを食事でとることが推奨されています。
もちろん自分はそんなことをしていませんけれどもねw

 

 

喫煙がニキビに良くないというのは簡単にいうと、タバコを吸うとビタミンCを消耗するからなんです。
ビタミンCは肌のハリを保つコラーゲンの生成に一役買っているので、当然喫煙は肌にとってよろしいものではないわけですね。

 

ちなみに自分はバンバン吸っています。そのせいで、万年ニキビに悩んでいたりします。

 

非常に困ったものですね^^