ニキビって一回できてしまうと本当に中々治りません。

 

そういったことも有り、ここ最近ではココぞとばかりにニキビ跡ができて皮膚科に行く人が増えているようです。

 

私の経験上、皮膚科に行ってニキビ跡が綺麗に治るのか?と聞かれた時の答えは間違いなくノーです。

 

皮膚科に行ってもニキビ跡はなおりません。
その理由はいくつかあるのですが、簡単に紹介して行きたいと思います。

 

 

ニキビ跡が皮膚科に行ってもならない理由
ニキビ跡を消す成分を配合下塗り薬を処方してくれない

 

ニキビ跡を消す効果があるのはビタミンC誘導体やハイドロキノンです。
そのため、抗生物質などをもらってもニキビ跡やクレーターが治るようなことは基本的にありません。
普通の皮膚科ではなく、美容皮膚科に行く必要があるわけですね。

 

それか市販のコスメできちんとケアしていく必要があります。

 

 

 

ニキビ跡はどうやって治して消したら良い?

 

ニキビ跡を消すにはハイドロキノンやビタミンC誘導体をふくんだ化粧品を使う方法が一番確実です。
美容皮膚科などでもハイドロキノンは処方してもらうことができますが、はっきり行って高いです。
効果も実際には変わらないので、市販のコスメで十分だったりします。

 

 

ちなみに私はビーグレンのハイドロキノンニキビケアセットを使っています。
ビタミンC誘導体とハイドロキノンを両方共含んでいるので、かなりニキビ跡に即効性があるんですよね。

 

こっちは有名なので、もう使っている人も多いかもしれません。

 

管理人的にニキビ跡におすすめな化粧水

リプロスキンというニキビ跡専用の化粧水をあなたは知っていますか?

 

多分知らないでしょう。そんなに有名ではありませんからね。
しかし、この化粧水・・・かなりニキビ跡に効きます。

 

その理由は独自の浸透力を重視した製法にあります。

 

リプロスキンは通常の化粧水とは違い、肌の深部まで成分が染み渡るような導入型化粧水なのです。
まあ俗にいうブースター系化粧水ですね。
美容液では結構あるのですが、実際化粧水でブースター仕様はあまりありません。

 

そのため、美白成分のダーマホワイトがニキビ跡の色素沈着に効果的に作用してくれるというわけなんです。

 

ちなみに価格はかなり高いです。がその分効果はかなり高いです。

 

市販されている高いだけでほとんど効果の無い大手化粧品会社のものとは違いますね。

 

ハイドロキノンは含まれていませんが、使用感はかなりさっぱりしていますし、悩んでいる人は是非一度試して見ることをおすすめします。

 

肌性の乾性肌、中性肌、脂性肌は、化学的にペーハーの違いで判断できます。健康な肌の場合、ペーハー五・五が標準値で中性肌となり、それより多ければ乾性肌、少なければ脂性肌といわれます。肌性によってスキンケアの方法は違ってきますから、自分の肌がどのタイプであるか、正確に知っておくことはとても大切なことです。化粧品を選ぶにしても、流行を追ったり、広告の謳い文句だけで選んでいると、美しくなるどころか皮膚トラブルで泣きを見ることになりかねません。年とともに変化するといっても、シワができたりという外見的な意味だけではありません。 一般的にいうと、まず赤ちゃんのころは皮脂は多めで、幼稚園に通う年になるとカサカサになってきます。そして思春期になるとにきびができるのを見てもわかるように再び皮脂が多くなり、二十五歳ぐらいを境目に、皮脂は減っていきます。脂性肌の人がいちばん多いのは十七歳ぐらい、それが五十代になると一〇パーセントほどにまで減ります。脂性肌、中性肌、乾性肌の人の割合がそれぞれ三〇パーセントほどで同程度なのは二十二、三歳ぐらいの時。この年齢を境に割合は逆転し、五十代では乾性肌の人が九〇パーセントにも達するのです。つまり、あなたが二十代なら、自分は乾性肌のつもりであっても、実は脂性肌だという場合もあるわけです。ですから今現在どういう肌性なのかをきちんと知っておかないと、正しいスキンケアはできないということになります。そして間違ったスキンケアを続けていると、年をとってからその結果がものの見事に出てきます。若いころは肌の方にも順応性と、耐性が高いので、回復してくれるのですが、年をとってくるとともに回復力は低下してきます。そして長い年月に与え続けられたダメージがトラブルとなって現れてきます。大人になれば肌性は変わってきます。赤ちゃんには赤ちゃんの、大人には大人の、適切なスキンケアがあるのです。

 

ビーグレン ニキビはこちらで確認

 

更新履歴